[物件OFFコラム]ローンが18歳から利用できるように!成年年齢引き下げでどう変わった?|物件OFF

ローンが18歳から利用できるように!成年年齢引き下げでどう変わった?

 

2022年4月より、いよいよ成年年齢が従来の20歳から18歳に引き下げられました。18歳に達した時点で成年として認められるようになり、親の同意を得なくても携帯電話や賃貸住宅などの“契約”を自分の意志だけで結べるようになったということです。

契約と言えば「ローンを組むこと」も契約に含まれますが、どのように変わったのでしょうか?
成年年齢引き下げによって変わったもの・変わらないものから、新成人によるローン契約についてを解説していきます。

 


ローンが18歳から利用できるように!成年年齢引き下げでどう変わった?1

 

 

目次
成年年齢の引き下げでどう変わったのか、変わらないのか
18歳から住宅ローンが組めるように
しっかりと検討してからの借り入れを




《成年年齢の引き下げでどう変わったのか、変わらないのか》


多くの人にとって、成人と言えば“20歳”というイメージが非常に強いでしょう。
しかしこの日本の成年年齢に関しては明治時代に定められたものであり、現代の社会生活とのズレが生じてきたのも事実です。そこで、「18歳以上を大人として扱うのが適当ではないか」という議論がなされた結果、今回の成年年齢引き下げに至りました。世界的にも18歳を成年年齢をしているのが主流であり、20歳を成人として定めている国が少なかったことから、歩幅を合わせるためそれにならったという形となったのです。

しかし実は、これまでの“20歳成人”で認められていたすべてのことが18歳になった時点で可能になるわけではありません。これからは、「成人(18歳)した時点でできること」と、「20歳になった時点でできること」と段階的に権利が認められることになります。
まずは、どのようなものが18歳から出来るようになって、どれが20歳にならないとできないのかを具体的に見ていきましょう。



■18歳(成人)に達した時点で可能になるもの

親の同意なしの契約
10年有効パスポートの取得
結婚(女性は引き上げ)
性別取り扱いの変更裁判を受ける
公認会計士や司法書士、医師免許などの国家資格取得
普通自動車免許取得(変更なし)

ローンが18歳から利用できるように!成年年齢引き下げでどう変わった?2

■20歳に達した時点で可能になるもの

飲酒
喫煙
競馬、競輪、オートレース、競艇の投票券購入
養子を迎える
大型・中型自動車運転免許の取得

18歳から親の同意なしに契約が出来るということは、携帯電話の契約やクレジットカードの作成、賃貸物件を借りる際などにこれまで必要としていた“親権者同意書”が必要なくなるということです。
例えば、地方から東京の大学へ進学するために賃貸物件を借りようとした場合、大学の入学時点では未成年であることが大半であったために契約には親の同意書が必須でした。しかし民法改正した今では、契約時点で18歳になっていればこの同意書がいらなくなったのです。

なお、この18歳成人はあくまでも民法上の規定であって、喫煙は「未成年者喫煙禁止法」、飲酒は「未成年者飲酒禁止法」のように別の法律で定められているものに関しては、年齢の引き下げは行われません。




《18歳から住宅ローンが組めるように》


ローンも契約に含まれるため、“住宅ローン”も親の同意を得ることなく契約をすることができるようになりました。成年年齢引き下げに伴い、多くの金融機関も契約条件を20歳以上から18歳以上に対象を引き下げ、なおかつ単独で契約することができるようになりました。

ただし同じ金融機関のローンでも、カードローンやフリーローンなどに関しては非常に慎重であり、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行といった大手三行は、契約対象を引き続き20歳以上に据え置いています。カードローンやフリーローンは資金の使途を問わないため、金銭感覚が未熟な若者が多額の借金を抱えてしまうような事態を懸念しているのです。

しかし住宅ローンに関しては「マイホームを購入する」という資金の使用先が明確なため、各金融機関も取り扱いをする方向性を示しています。
つまり、18歳になってすぐにマイホームを持つということも不可能ではなくなったと言えるでしょう。

ローンが18歳から利用できるように!成年年齢引き下げでどう変わった?3

■ローンの審査はどうなる?

住宅ローンを借りるためには審査を受ける必要があります。
単独(親の同意なし)で契約は可能であっても、当然ですがその前に審査に通らなければ融資は受けられません。
とはいえ若年層だから、20歳未満だからと特別な条件があるわけでもなく、職業や収入額、雇用先情報、健康状態など、通常と同じように審査されるでしょう。




《しっかりと検討してからの借り入れを》


18歳になって成人しても学生であったり、既に社会人だったとしてもまだ収入が少ないため「成人してすぐにマイホームを買おう」としている方は少ないかもしれません。とはいえ、近年では若年で起業している方もいらっしゃいますから、各金融機関でも18歳での住宅ローンを想定しているのでしょう。

しかしマイホームは非常に高額な買い物ですし、住宅ローンを利用するのであれば超長期的な返済となります。また、契約の権利義務やトラブルが発生した際の損害や修繕費などは想像以上に大きくなりやすいものです。
自分で住宅ローンを組めるようになったからと安易に決めるものではなく、収入と生活は問題ないのか、無理なく返済を続けられるのか、本当にこのタイミングで購入するべきものなのかしっかりと見極め、検討を重ねてから決めることをおすすめします。


ローンが18歳から利用できるように!成年年齢引き下げでどう変わった?4

お役立ち情報 関連記事一覧

コラムカテゴリー

住みたいエリアの仲介手数料無料物件を検索

エリア

物件種別

条件を選択

価格  ~ 
駅徒歩
間取り

個別のご相談

疑問、質問などありましたら、ぜひお問い合わせください。
お客様のご希望・ご要望にあわせて専任アドバイザーが個別に対応させて頂きます。

■お電話にてお問い合わせ

TEL:0120-995281 (10時~19時)

■メールにてお問い合わせ

お問い合わせページ よりお問い合わせ内容をお送りください。

物件OFFは仲介手数料が最大無料の
マンション、一戸建て、土地をご紹介する不動産情報サイトです

物件購入の際、諸経費の中でも高額ながら、仲介先会社によっては無料にすることも可能な仲介手数料。当サイトでは、そんな仲介手数料が無料となる物件を多数ご紹介。さらに専任のアドバイザーが物件探しからご契約までしっかりサポートさせて頂きます。仲介手数料無料の不動産物件をお探しの方は、ぜひ当社「物件OFF」までお問い合わせくださいませ。

他サイト物件も仲介手数料最大無料
物件OFFについて
物件OFF メンバーズサイト
仲介手数料無料のしくみ

コラムカテゴリー

気になる物件

登録された物件はありません。
最大50件まで気になる物件を登録できます。

最近見た物件

最近見た物件はありません。
最近見た物件が最大50件まで保存されます。

物件探しお役立ち情報

理想の住まいを探す『住活マニュアル』

自分にピッタリの物件を探すための「住活」についてわかりやすくご説明。物件OFFでは初めての住まい探しを全力で応援します!

購入前に知っておきたい『お金・制度』

住宅の購入には色々なお金や制度が関わってきます。いざという時に困らないよう、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

お役立ち情報・コラム一覧

買い時の今だからこそ「購入」という選択