[住活マニュアル]仲介手数料無料の良いところ、怖いところ|物件OFF

仲介手数料無料の良いところ、怖いところ

 

マイホームを買い替えなどを物件の売買を行う際、利用するのが不動産仲介会社です。 ですが、なぜ“仲介手数料無料”のところと、“仲介手数料有料”のところがあるのがあるのか、疑問に思ったことはないでしょうか?

大きなお金が動く不動産の取引ですから、少しでも出費は抑えたいのが人の心。仲介手数料分のお金が浮けば、ちょっといい家電に買い替えたり、内装のグレードアップも出来るかもしれません。
でも、「何か裏があるかも?」とか、「タダより高いものはない」と避けてしまう方もいらっしゃるでしょう。もちろん、完全無料では不動産仲介会社も経営を続けられませんから、タネも仕掛けもきっちりと存在しています。

本当に“仲介手数料無料”は安く、おトクといえるのか。今回はその仕組みと無料のメリット・デメリットについてまとめました。


仲介手数料無料の良いところ、怖いところ


 

《仲介手数料無料の会社は何が収入源なのか》

 

無料はうれしいけれど別の代金が請求されるのでは?とか、サービスが良くないのでは?とか、手数料無料でどうやって利益を得てるの?など色々気になりますよね。不安になるのも仕方がありませんが、ご心配は不要です!無料の不動産仲介会社もしっかりと、買主からの仲介手数料以外で収入を得る仕組みが存在しています。



■収入が得られる仕組み

物件売買は、売主と買主が存在して初めて成り立ちます。そしての両者を繋ぐように不動産仲介会社が間に立って仲介する、という形が大前提になります。



●仲介手数料が有料のケース

マイホームを購入したいと思えば、まず不動産仲介会社に依頼するでしょう。同じように、マイホームを売却したいと考えてる方も、不動産仲介業者に依頼するのは当然のことです。
たとえば、

売主側が物件を売るためA不動産(仲介手数料有料)に依頼

買主側が物件を買うためB不動産(仲介手数料有料)に依頼

買主が売主の物件を気に入り、売買契約が成立

無事契約が成立したため、不動産仲介会社に仲介手数料が発生したのですが、もちろん売主はA不動産へ、買主はB不動産会社へ、と“依頼した不動産仲介会社”へ支払うことになります。この場合ですとどちらの不動産仲介会社も担当した各お客様(売主・買主)それぞれから受け取れる手数料のみが会社の利益になるため、仲介手数料無料にすることは不可能という状況なのです。
こちらは、片方のみを相手して“片”方からしか“手”数料を受け取れませんので、不動産用語で“片手仲介(片手取引)”とも呼ばれるようです。



●仲介手数料が無料のケース

仲介手数料無料の不動産仲介会社になりますと、売主と買主の両方を同時に担当して取引を進めて行くことになります。つまり、その不動産仲介会社1社のみで売主と買主を見つけて仲介しているという形になります。
これを同じように例えますと、

売主側が物件を売るためC不動産に依頼

買主側が物件を買うためにC不動産に依頼

買主が売主の物件を気に入り、売買契約が成立

もちろんその分不動産会社の手間や負担は2倍になるものの、これで両方から仲介手数料を受け取ることはできるようになります。売主側と買主側の“両”方から“手”数料を受け取れるので“両手仲介(両手取引)”とも呼ばれています。この両手仲介をしている不動産仲介会社の中には、両方から手数料を取って利益を得ているところも存在しています。
しかし、手数料無料の不動産仲介会社は、同じ両手仲介をしていても売主側からしか手数料を受け取りません。たとえ買主側からの手数料が0円でも、売主側からは正規の手数料を取りますから、十分な利益を出すことが可能なのです。これが「仲介手数料無料」のカラクリとなります。

なお、仲介手数料は「本体価格の3%+6万円+消費税」と上限が法律によって定められています。が、これはあくまで“上限”ですので、これを半額にしようが無料にしようが不動産仲介会社の自由。買手側の“仲介手数料無料”でも会社に利益が出ているようなら、何の問題もないのです。


・同時にコストを削減している
コストカットをして仲介手数料無料の穴埋めをするという手段も同時に取ることが多いようです。
もちろんこれだけですべての手数料を無料にできるほどではないものの、インターネットを活用することで人件費のカット、物件OFFのような自社Webサイトへの掲載などで広告料の削減、システムのマニュアル化で管理費を抑えるなど、多くの手段が取られています。


仲介手数料無料の良いところ、怖いところ:仲介手数料無料の会社は何が収入源なのか


 

《“仲介手数料”を詳しく知っておく》

 

仲介手数料は不動産仲介業者にとって重要な収入源という事はわかりましたが、有料だからサービスが充実している、無料だから必ず全体的な出費が抑えられるというわけではありません。
そもそも“仲介手数料”がどのようなものなのか、正しく知っておきましょう。



■仲介手数料が発生するタイミング

不動産売買による仲介手数料は成功報酬型であるため、売買契約が成立しない限り請求権は発生しません。
これは不動産売却の際も購入の際も同じです。
正確には“宅地建物取引士による記名押印した書面が交付された時点”で仲介手数料が発生することになるのですが、これをわかりやすく説明しますと

1.物件の公開

2.物件内覧

3.契約条件交渉

4.契約完了

と順番に進めた4まで完了しない限り請求されません。たとえ2や3の時点で売買を中止したとしても仲介手数料を取られることはないですし、仲介手数料の先払いは絶対にありえません。
そして契約が成立し売買契約書を受け取ったのであれば、不動産会社側に仲介手数料の請求権が発生していますので、売主側と、手数料有料であれば買主側も仲介手数料を支払わなくてはなりません。したがって、契約が済んだ後にその契約を解除したとしても、それが不動産仲介会社の落ち度による問題でない限り手数料は満額請求されますので注意しましょう。
不動産仲介会社の業務は「“買主”と“売主”を仲介して契約を締結させる」ことですので、実際の取引が成されたかではなく“売買契約”そのものが済んだ時点で完了しているからです。



■在庫が存在していない

多くの物件が存在していますが、それらは不動産仲介会社が所有していませんし、ましてや管理しているわけでもないため、不動産仲介会社は在庫管理費などのコストを支払うことはありません。売り物であるはずの“物件”は、売却完了するまでは売主の持ちものですし、売却完了すれば買主の持ちものとなります。不動産仲介会社は物件そのものを一度も所有することはないので、どれだけ売却まで時間がかかったとしても在庫管理費などの損失を被ることがないですし、どれだけ多くの物件を取り扱っていてもそれは“データ”のみになりますので費用がかからないのです。


もちろんすべてがノーコストというわけではなく、それらデータを集めるための費用や労力、広告費などは必要となりますが、物を仕入れて販売する一般的な販売業者と比べれば圧倒的にコストがかかりません。売買契約が成立しない限り仲介手数料を受け取ることが出来ないため、契約まで進めることが出来なければ1円も受け取ることはできませんが、そのリスクを負っても補う以上に利益を出すことが出来ている、ということなのです。



■サービスにそれほど大きな差はない

「仲介手数料有料だとサービスが良くて、無料だと対応が悪いのではないか」などと考えがちですが、上述してきた通り収入の得方が違うだけであって、さほど大きな差はありません。買手が仲介手数料無料でも実際には両方から受け取る権利はありますし、もちろん受け取ったほうが利益になるのは間違いないでしょう。

ですが、「物件購入でお金がかかるのに、さらに仲介手数料を支払うのはつらい…」とも誰もが思うものです。そんな中で、“仲介手数料無料”というのは魅力的に映ります。そのようにほかの仲介不動産会社との差をつけ、アピールポイントになるように手数料無料を前面に出しているのが実情です。
また、物件売却のほうは物件が売れさえすれば手数料を支払っても収入的にプラスにはなりますが、物件購入のほうは少しの出費でも負担になりやすいもの。そのような不公平さを無くすために“購入手数料無料”を取っている、という理由もあるのです。


仲介手数料無料の良いところ、怖いところ:“仲介手数料”を詳しく知っておく


 

《仲介手数料無料・有料それぞれのメリット》

 

仲介手数料無料でも有料でも受けられるサービスなどにそれほど大きな差はない、とご説明しました。
それであれば無料を選んだほうが絶対に得、とは言い切れないのも事実です。両方ともにメリットが存在していますので、ぜひ選ぶ際の参考にしてください。



■仲介手数料無料のメリット

なんといっても最大のメリットは仲介手数料がかからないという所です。
たとえば3000万円の物件を購入したいのであれば、仲介手数料は上限でおよそ100万円ほど。その分の出費が抑えられたのであれば実質2900万円ほどで購入できたことになりますし、浮いた分をインテリアや内装、家具家電などの購入費用に充てることが出来ます。
もちろんサービスに大きな差はありませんから、出費が嵩みがちな初期費用をできるだけ抑えたい方にとってもこれ以上ない大きなメリットでしょう。



■仲介手数料有料のメリット

より丁寧な対応を求め、こだわりのマイホーム探しをしたいのであれば、仲介手数料有料を選ぶという選択肢もあるでしょう。
仲介手数料無料の不動産仲介会社は買主から手数料を受け取らない分、より多くのお客様を相手しなければならないため、中には十分に向き合ってもらえないケースも存在しています。もちろんすべての無料仲介会社がそのような対応であるわけではないものの、時間をかけてでもじっくりと物件探しをしたい、と考えている方ならば有料のほうが安心できるかもしれません。





《物件OFFなら、仲介手数料無料でも手厚いサポートが受けられる》

 

「仲介手数料最大無料でもしっかりと向き合ってもらいたい」のであれば物件OFFにお任せください!

手数料有料の不動産仲介業者でも、手数料無料の不動産仲介業者でも、扱っている“不動産物件”に差はありません。最終的に購入する物件はどこを介しても同じ物件ですから、できれば少しでも出費が抑えられる場所に依頼したくなるものです。物件OFFでは市場に流通している不動産の多くを“仲介手数料最大無料”でご紹介しておりますので、諸費用を抑えることが可能です。

そして、気になってくるのは「無料でもちゃんとした対応をしてもらえるのか?」でしょう。
たしかにきちんとした対応を求めるのであれば仲介手数料有料のほうが安心とご説明しましたが、物件OFFではそもそもそのような心配が必要ありません。専任のアドバイザーが気になる物件の説明や内覧の手配をはじめ、とにかく不安になりがちな住宅ローンなどの相談もしっかりとサポートさせて頂きますので、初めての物件購入でもご安心ください。

その上、物件OFFはWeb店舗型ですから、「マイホーム探しは楽しいけど、お店に何度も向かわなくてはならないのが大変」といった苦労もなく、また「人目を気にせず見比べたい」、「探してもらうのではなく、自分で見つけたい」といった希望もかなえられます。
パソコンやスマートフォンがあれば、時間や場所を選ばず物件探しできますし、気兼ねなく気に入った物件“だけ”を問い合わせすることも可能。物件の資料や内覧のご説明などはお客様をお待たせすることなく当日中にご連絡します。

 

仲介手数料無料の良いところ、怖いところ:物件OFFなら、仲介手数料無料でも手厚いサポートが受けられる

物件OFFであれば「手数料最大無料」でも不安を感じる必要は一切ありません。
ぜひ物件OFFでこだわりの物件を、お得に見つけ出しましょう!




物件探し 関連記事一覧

コラムカテゴリー

住みたいエリアの仲介手数料無料物件を検索

エリア

物件種別

条件を選択

価格  ~ 
駅徒歩
間取り

個別のご相談

疑問、質問などありましたら、ぜひお問い合わせください。
お客様のご希望・ご要望にあわせて専任アドバイザーが個別に対応させて頂きます。

■お電話にてお問い合わせ

TEL:0120-995281 (10時~19時)

■メールにてお問い合わせ

お問い合わせページ よりお問い合わせ内容をお送りください。

物件OFFは仲介手数料が最大無料の
マンション、一戸建て、土地をご紹介する不動産情報サイトです

物件購入の際、諸経費の中でも高額ながら、仲介先会社によっては無料にすることも可能な仲介手数料。当サイトでは、そんな仲介手数料が無料となる物件を多数ご紹介。さらに専任のアドバイザーが物件探しからご契約までしっかりサポートさせて頂きます。仲介手数料無料の不動産物件をお探しの方は、ぜひ当社「物件OFF」までお問い合わせくださいませ。

他サイト物件も仲介手数料最大無料
物件OFFについて
物件OFF メンバーズサイト
仲介手数料無料のしくみ

コラムカテゴリー

11月度 ご成約一覧ご紹介

  • 練馬区|中古戸建|K様

  • 中野区|中古戸建|M様

  • 立川市|中古マンション|A様

  • 国立市|中古マンション|A様

  • 世田谷区|中古マンション|I様

  • あきる野市|中古戸建|K様

11月度ご成約 全6件
ご成約ありがとうございました‼

気になる物件

登録された物件はありません。
最大50件まで気になる物件を登録できます。

最近見た物件

最近見た物件はありません。
最近見た物件が最大50件まで保存されます。

物件探しお役立ち情報

理想の住まいを探す『住活マニュアル』

自分にピッタリの物件を探すための「住活」についてわかりやすくご説明。物件OFFでは初めての住まい探しを全力で応援します!

購入前に知っておきたい『お金・制度』

住宅の購入には色々なお金や制度が関わってきます。いざという時に困らないよう、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

お役立ち情報・コラム一覧

買い時の今だからこそ「購入」という選択