[住活マニュアル]住宅リフォームの流れと知っておきたいポイント|物件OFF

住宅リフォームの流れと知っておきたいポイント

 

値段がお手頃な中古住宅を購入し、自分好みにリフォームして住みたいと考えている人は最近特に増えています。または、現在住んでいる家が古くなっていたり住みにくさを感じていたりで、リフォームを視野に入れる時が来るかもしれません。
でも、実際リフォームをするとなったら、何を決めて何から手を付ければいいのでしょうか?ここではスムーズにリフォームを完了させるため、その流れと段取りから必要となる手続きや注意点、さらには知っておきたいポイントなどをまとめました。


住宅リフォームの流れとポイント

 

《住宅リフォームの一連の流れ》


1.リフォームする場所を決めて情報を集める

大まかに「住みやすい家に」と考えていても、どうしていいかちょっとわかりにくいですよね。まず、“何のため”にリフォームがしたいのか明らかにしておくと“どの場所”を“どのように”すればいいのか見えてくると思います。
例えば、できるだけ長くその建物に住み続けたいのであれば、汚れや傷みが目立ってきた屋根や内外壁の補修や交換が必要とわかりますし、家族構成の変化などで新しい部屋が欲しいまたは減らしたいのであれば、間取りの変更や増減築を行えばよいことがわかるでしょう。介護を予定しているのならバリアフリー化、地震が気になるのなら耐震補強、水回りを快適にしたいのなら設備の交換と、リフォームが必要な部分が洗い出されてきます。 同時に予算の目安や、リフォーム部分の情報を集めておくと良いでしょう。


2.自分に合ったリフォーム会社を探す

リフォームブームもありますし、政府が後押ししていることもあってか、リフォームを扱う会社はかなり多いです。リフォーム会社とはいっても、リフォーム専門業者をはじめ、ハウスメーカー、工務店、設計事務所など、多くの場所が請け負っています。その中でも内容に得手や不得手もありますので、施工数や経験、特徴やアフターサービスなどをインターネットなどで調べ、自分がしたいリフォームにあった会社を探していきましょう。
いきなり1社に絞ってしまうのではなく、確認と検討を重ねて3~5社程度に絞りその中から選別するという形にしたほうが安心して依頼できる業者を見つけやすくなります。


3.見積もりを依頼する

2で選んだ会社にそれぞれ問い合わせ、具体的なリフォーム内容が決まっているのならば同じ条件で見積もりを、まだ決まっていないないならば工事内容の提案書と見積もりを依頼します。リフォームの成否はある程度がこの会社選びで決まってしまうといっても過言ではありません。内容がわかりにくかったり疑問があれば納得できるまで確認と相談を繰り返えしましょう。
見積もりを確認する際、ついつい費用の安いところが気になってしまうところですが、値段だけを見て選んでしまうのもトラブルのもと。素材が悪いもの、または必要なものを削られているから値段が下がっているのかもしれませんし、高い場合はそれだけ良い素材を使い手間をかけるからかもしれません。単純に価格だけを比べるのではなく、工事内容を細かく知った上で値段と釣り合っていることが大切です。
また、リフォーム規模にもよりますがその会社と担当者とは長い付き合いになりますから、質問した時の対応や相性なども含めてしっかりとチェックしてから検討しましょう。


4.打ち合わせを行い工事の契約を済ませる

検討に検討を重ね依頼先を1社に絞ってから、プランの詳細や金額の確定など打ち合わせを行った後、納得が出来るものであれば正式に“工事請負契約”を結びます。リフォームを行う際に一番トラブルが起きやすいのはこのポイントで、「サービスかと思っていた場所が有料だった」、「含まれていると思っていた内容が含まれていなかった」、「不必要なオプションが付いていた」など、大半が“確認不足”か“打ち合わせ不足”から発生しています。途中での内容変更は追加で料金が発生する場合もありますので、不安なところ、わからないところは納得が出来るまでとことん話し合うことが大切ですし、小さな工事でも口約束で済ませることはせずにしっかりと書面で契約を交わしましょう。


5.工事現場の確認と進歩状況のチェック

工事スケジュールが組まれるといよいよリフォーム工事がスタートするのですが、開始する前にまず近隣の住民に挨拶を済ませておきましょう。何も話を聞いていないのにいきなり工事が始まって、ご近所の方々がホコリやにおい、騒音に悩まされるようになれば後々に大きな近隣トラブルにつながらないとも言えません。せめて“ひとこと”でも説明や挨拶があれば工事中の気持ちはずいぶん変わるもの。一戸建てであれば直接隣接する上下左右の4軒に斜めに隣接する4軒を含めた計8軒、さらに車で迷惑をかけてしまいそうな場所にある家に、マンションであれば両隣と上下3軒ずつ、業者が使用する廊下に面した部屋にも挨拶をしておきましょう。
リフォーム会社の中には担当者が近隣への挨拶を行う場所もあるようですが、その家の住民自らが挨拶を行ったほうがやはり印象は変わってくるようです。直接会えなかった場合は、挨拶の手紙を入れておくのも良いでしょう。末永くその家に住み続けたいのであれば、ご近所付き合いを大切にしておくのがポイントです。

リフォームの規模にもよりますが、家財の片づけが必要な場合や電気・ガスなどが使えない期間がある場合、仮住まいが必要となる場合もありますので、スケジュールの確認もしておきましょう。


6.工事後の仕上がりの確認

工事が完了したら、リフォーム会社の担当者とともに「契約通りのリフォームがされているか」、「不具合・汚れなどがないか」など仕上がりをチェックしましょう。ひとりでは見落としてしまったなどという場合もありますので、その家に住む全員が立ち合いを行ったほうが安心です。新たな設備を追加したような場合は、使い方を実演してもらいたいところです。
問題が見つかったなど手直しが必要となった場合は、その工事内容と支払いについて話し合いを行ってから工事を行います。

契約通りに工事が完了していればいよいよ工事はすべて終了です。契約書や図面などの書類は決して廃棄しないできちんと保管しておきましょう。


住宅リフォームの流れ

 

《リフォーム前に知っておきたいポイント》


ひとくちに“リフォーム”とはいっても、現在住んでいる家に行うのか、新たに中古住宅を購入してから行うのか、さらに設備を交換するだけの場合なのかと色々パターンがあります。もちろんそれに伴って行うべきことや事の順序などが大きく変化していくことも。ここで知っておくことで、いざというときに慌てずに済むかもしれません。


・リフォームの工事期間はどのくらい?

もちろん内容や規模によってだいぶ変わってきますが、壁紙の変更やフローリングの張り替え、洗面台やトイレなどの設備の取り換えなど小規模なものであれば約1~2日ほどが目安となっています。ただしキッチンやお風呂場など大きめな設備、トイレも配管工事を行うようなものであれば約3~1週間ほど必要となりますし、間取りの変更など大掛かりな工事になると数か月間に及んでしまうものもあります。「休みの間中に終わらせたい」、「子供の新学期が始まる前までに」など、希望があればできるだけ早めに相談しておくとスケジュールが立てやすくなるでしょう。

中古住宅を購入して引っ越す前にリフォームを行っているのなら問題ありませんが、住みながらリフォームをするのであれば工事中はもちろん設備の使用が出来ませんので、その期間の食事や入浴などをどこで済ませるのかも考えておく必要があります。


・中古住宅を購入してリフォームする場合

中古の住宅を購入してリフォームする場合は、“中古物件探し”と“住宅ローン審査”、“リフォーム会社探し”の3つを同時進行していくことになります。が、順番は大切で、まず物件がなければリフォームの話を進めることもできません。逆に早めの購入を済ませていたとしても、リフォームののちに住む予定ならば購入が早すぎると家賃とローンの二重払いの期間が長くなってしまい、家計を圧迫する可能性もあるでしょう。できれば購入予定の物件がいくつか絞れた時点でリフォーム会社も決まっているのが一番なのですが、人気が高そうな物件の場合はすぐに別の買い手が決まってしまった、なんてことも。
ここのポイントはできるだけ手早く済ませてしまいたいところですが、慌てすぎて打ち合わせが足りず、後悔が残るリフォームになってしまっては元も子もありません。

最近では、中古物件探しから資金計画などのローンの申し込み、リフォームまですべてを一つの会社で一貫して行う“ワンストップ型”の専門業者も増えているので、こちらを選ぶという手もあります。不動産販売業者、金融機関、リフォーム会社と複数の担当者とそれぞれ話し合いをする必要がなくなりますし、住宅ローンとリフォーム費用がまとめられるなどの利点があるほか、なにより慌てる必要もなくなりますので安心して理想の住まいを作り出す事が可能です。


・小規模リフォームをする場合の注意点

居住中の家のリフォームというと仮住まいを用意してしばらくの間そちらへ引っ越すというイメージもありそうですが、間取りの変更や増減築など数か月かかるような大規模な場合を除くと、キッチンやお風呂などの水回りの交換、部屋の修繕など小規模なリフォームは別の部屋に移動すれば大半は仮住まいは必要ありません。
ですが家具などの荷物移動は必要になりますし、騒音やほこりなどが出たり、水道や電気が使えなくなる時間があることなどを考えると、小さな子供やアレルギー持ち、騒音などが苦手な方などは避難する場所を考えておいたほうが安心です。また、ペットがいる場合、人の出入りなどでストレスが溜まって病気になってしまうことや、何かに驚いて脱走してしまった、などという話もありますので一時的にペットホテルへ預けるなどの工夫も必要かもしれません。
予定しているリフォーム内容に併せて臨機応変に対応していきましょう。


住宅リフォームのポイント

物件探し 関連記事一覧

コラムカテゴリー

住みたいエリアの仲介手数料無料物件を検索

エリア

物件種別

条件を選択

価格  ~ 
駅徒歩
間取り

個別のご相談

疑問、質問などありましたら、ぜひお問い合わせください。
お客様のご希望・ご要望にあわせて専任アドバイザーが個別に対応させて頂きます。

■お電話にてお問い合わせ

TEL:0120-995281 (10時~19時)

■メールにてお問い合わせ

お問い合わせページ よりお問い合わせ内容をお送りください。

物件OFFは仲介手数料が最大無料の
マンション、一戸建て、土地をご紹介する不動産情報サイトです

物件購入の際、諸経費の中でも高額ながら、仲介先会社によっては無料にすることも可能な仲介手数料。当サイトでは、そんな仲介手数料が無料となる物件を多数ご紹介。さらに専任のアドバイザーが物件探しからご契約までしっかりサポートさせて頂きます。仲介手数料無料の不動産物件をお探しの方は、ぜひ当社「物件OFF」までお問い合わせくださいませ。

他サイト物件も仲介手数料最大無料
物件OFFについて
物件OFF メンバーズサイト
仲介手数料無料のしくみ

コラムカテゴリー

10月度 ご成約一覧ご紹介

  • 目黒区|新築戸建|T様

  • 板橋区|中古戸建|H様

  • 墨田市|中古マンション|U様

  • 西東京市|中古マンション|E様

  • 横浜市緑区|新築戸建|S様

  • 川崎市宮前区|中古マンション|K様

10月度ご成約 全6件
ご成約ありがとうございました‼

気になる物件

登録された物件はありません。
最大50件まで気になる物件を登録できます。

最近見た物件

最近見た物件はありません。
最近見た物件が最大50件まで保存されます。

物件探しお役立ち情報

理想の住まいを探す『住活マニュアル』

自分にピッタリの物件を探すための「住活」についてわかりやすくご説明。物件OFFでは初めての住まい探しを全力で応援します!

購入前に知っておきたい『お金・制度』

住宅の購入には色々なお金や制度が関わってきます。いざという時に困らないよう、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

お役立ち情報・コラム一覧

買い時の今だからこそ「購入」という選択