[住活マニュアル]変動型と固定型など住宅ローンの金利タイプそれぞれのメリット・デメリット|物件OFF

変動型と固定型など住宅ローンの金利タイプそれぞれのメリット・デメリット

住活マニュアル ローン関連
物件を購入する際は、皆さん基本的に住宅ローンを利用するかと思います。その際に金利が安いが返済中に金利が変わる可能性がある「変動型」と、返済期間中ずっと一定の金利となる「固定型」のどちらを選ぶか、迷われる方も多いのではないでしょうか。それぞれにメリットとデメリットがあり、一概にどちらが良いと判断するのは難しいところ。そこでここでは住宅ローンの金利タイプについて、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。


住宅ローンの金利タイプまとめ


① 全期間固定型

住宅ローンの金利を、借入時から返済が終わるまでずっと一定に固定する金利タイプです。返済額が返済終了まで一定額となり上がるリスクが無いのがメリットで、全期間を通して返済プランも立てやすくなります。全体的に変動型に比べると金利が高めではありますが、各金融期間で、一定の条件を満たす方の場合店頭金利よりも低い金利を適用する「金利引き下げサービス」というものも用意されているので、住宅ローンの相談に行った際にあわせて確認してみると良いでしょう。


② 変動型

金利を半年ごと、返済額を5年ごとに見直す金利タイプです。固定型と同様に「金利引下げサービス」も用意されており、返済当初は低い金利が設定されますが、将来的に金利が上がるリスクがあります。返済額が上がる場合、上限が1.25倍と決められてはいますが、35年など長期に渡る場合、5年毎に1.25倍ずつ返済額が上がってしまう可能性もあります。変動型を選択する際は、将来的な返済額上昇のリスクも考え、それに備えた貯蓄をしておくことも大切です。


③ 固定期間選択型

一定期間固定金利を利用し、期間終了後に改めて固定金利期間、または変動型を選択することができる金利タイプです。2年、5年、10年など金利が固定される期間を自分で選択することができその期間は金利が固定となり、期間終了後に改めてその時の金利と照らし合わせて期間などを選択できるので、一定期間ごとに返済計画を見直し、その時にあった返済計画を改めて設定することができます。変動型に比べて金利が高く、全期間固定型に比べて金利が安いという、両方タイプの間にあるような金利タイプです。


金利引き下げサービスとは?


一定の条件を満たす方について、店頭金利よりもさらに低い金利を適用して住宅ローン契約を結ぶサービスです。適用される条件については各金融期間によって様々ですが、「インターネットのダイレクトバンキングを利用する」や「給与、または公共料金の振込口座で契約金融機関を利用する」など、条件のハードルとしては誰でもクリアできるものが大半です。

このサービスには、「全期間一定引き下げ」と「当初大幅引き下げ」があり、「全期間一定引き下げ」は返済の全期間を通して、金利引き下げ額が一定となっているもの、「当初大幅引き下げ」は始めの期間の金利引き下げ額は大きいですが、その後の引き下げ額が小さいものとなります。

「当初大幅引き下げ」は、例えば後に収入が増える、または支出が減る可能性が高いという方におすすめで、始めの期間金利が低い分、将来の貯蓄に回すこともできるので、自分の将来の展望も見据えて返済計画を立て、利用する場合どちらが自分に合っているかを検討するようにしましょう。


固定型と変動型、どれを選んだら良い?


住宅ローン金利には、上記のように様々な特徴があります。固定型と変動型で「変動型は返済額が上がるリスクがある」、「固定型は変動型より金利が高い」とそれぞれ不安材料があるので、どれにすればいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
そんな時は、まず金利タイプを選ぶ前に将来も見据えた返済計画を立ててみることが大切です。「将来的に昇給などで収入が増える可能性がある」や「教育費や養育費が無くなるので支出が減る可能性がある」など将来の可能性も含めて考えることで、固定か変動か、または固定期間選択か、どれが最適なのかを導き出すことができます。

例えば現在「子供の教育費を出しているが、5年後には卒業をして独り立ちをする予定」ということであれば、「当初大幅引き下げタイプ」で教育費を出している期間は金利を大きく下げる、逆に「5年後から子供が就学するため教育費が発生する予定」ということであれば、固定期間選択型で5年を選択し教育費が発生するタイミングで改めて金利を見直すなど、今後の自分達の収支内容にあわせて、どの金利タイプが良いのかを選ぶことが大切です。
当初の安い金利だけに惹かれて住宅ローンを選択してしまうと、後々の金利見直しなどで思った以上の返済額になってしまう場合もありますので、今後の自分達の生活に影響が無いかどうか、しっかり展望を見据えた上で選ぶようにしましょう。

ローン関連 関連記事一覧

コラムカテゴリー

住みたいエリアの仲介手数料無料物件を検索

エリア

物件種別

条件を選択

価格  ~ 
駅徒歩
間取り

個別のご相談

疑問、質問などありましたら、ぜひお問い合わせください。
お客様のご希望・ご要望にあわせて専任アドバイザーが個別に対応させて頂きます。

■お電話にてお問い合わせ

TEL:0120-995281 (10時~19時)
※つながらない場合はこちら 03-5957-7030

■メールにてお問い合わせ

お問い合わせページ よりお問い合わせ内容をお送りください。

物件OFFは仲介手数料が最大無料の
マンション、一戸建て、土地をご紹介する不動産情報サイトです

物件購入の際、諸経費の中でも高額ながら、仲介先会社によっては無料にすることも可能な仲介手数料。当サイトでは、そんな仲介手数料が無料となる物件を多数ご紹介。さらに専任のアドバイザーが物件探しからご契約までしっかりサポートさせて頂きます。仲介手数料無料の不動産物件をお探しの方は、ぜひ当社「物件OFF」までお問い合わせくださいませ。

物件OFFについて

「物件OFF」では4都県の物件情報に特化して情報を掲載しております。このサイトについてはこちらをご覧ください。

仲介手数料の仕組み

物件を購入する際にかかる「仲介手数料」の仕組みと、なぜ「物件OFF」では無料にできるのかをご説明致します。

コラムカテゴリー

気になる物件

登録された物件はありません。
最大50件まで気になる物件を登録できます。

最近見た物件

最近見た物件はありません。
最近見た物件が最大50件まで保存されます。

物件探しお役立ち情報

理想の住まいを探す『住活マニュアル』

自分にピッタリの物件を探すための「住活」についてわかりやすくご説明。物件OFFでは初めての住まい探しを全力で応援します!

購入前に知っておきたい『お金・制度』

住宅の購入には色々なお金や制度が関わってきます。いざという時に困らないよう、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

お役立ち情報・コラム一覧