[物件OFFコラム]中古マンションの購入はメリットがたくさんあるって本当?|物件OFF

中古マンションの購入はメリットがたくさんあるって本当?

 

一戸建てと比べて、物件価格が低めでセキュリティ面も優位、さらに駅チカなど生活に便利な場所に建っている事が多いなど様々な点から、マンションの購入を選択する人が増えています。
でもいざ購入を考えたときは、やっぱり「ピカピカの新築マンションを!」などと考えているのではないでしょうか?確かに新築のマンションはきれいですし、最新の設備が整っていたりと、新築マンションは新築マンションのメリットがあります。ですが、あまりにも新築マンションが注目されすぎて、価格が高騰し手が届きにくくなっているのも事実。

実は、新築マンションの購入にメリットがあるように、中古マンション購入は中古マンションならではのメリットがあるのです!
「新築が買えないから中古マンションを…」ではなく、「ぜひ中古マンションにしたい!」と思えるような、中古マンション購入のメリットをまとめてみました。


中古マンションのメリット

 

《マンションを買うか、借りるか。新築か、中古か。》

 

まず「自分の家を買うか、買わずに賃貸のままで住み続けるか」この2択にあたると思います。
マイホームの購入は、人生で一番高い買い物と言われるもの。生活にかなり余裕があるのならともかく、そうそう簡単に踏ん切りをつけられるものでもないでしょう。
確かに、転勤が多かったり、そもそも引っ越しすることが好きというタイプの方ならば、購入して一つの場所に落ち着くより、賃貸のままのほうが向いていると言えるでしょう。ですが、「自分の家」に住む、という安心感は賃貸では味わえないものです。長期的に見れば賃貸より購入してしまったほうが金額的にもお得だったなんてこともありますし、たとえ金額的に大差はなかったとしても、同じ出費をした後に“資産”として手元に残るか残らないを考えると、購入に踏み切ったほうが良いのかもしれません。

そして購入することを決めたとして、次に向かってくる2択は「新築か、中古か」。
かつてはマイホームの購入なら新築一択、言われていた時代もあったでしょう。確かに日本人は新築を好む傾向があるため、マンションであれば新築マンションを購入する人が多かったようです。しかし、都心部など人気のエリアは開発が進んでオフィスやホテルが立ち並んでしまい、魅力的と思える立地に新築マンションが建てづらくなったことで新築マンション自体の数が減り、需要に供給が間に合っていないこと、震災の復興やオリンピック需要などによって建築費が高騰したことなど、いくつかの事情が重なったことで物件価格が高水準になり、一般的な年収のサラリーマンには手が届きづらくなっているのが現在の状態です。

そんな中、今最も注目を集めているのが「中古マンションの購入」なのです。
もちろんどの中古マンションでもなんでもよいというわけではなく、おすすめできるのは立地や部屋の広さにこだわった“資産価値の高い中古マンション購入”です。新築マンションではわからない管理状況も、実際の住民たちの様子や住んだ際のイメージも、実際に購入する前にしっかりと確認できるというポイントは大きいです。

中古マンション購入の魅力はもちろんこれだけではありません。
どんなメリットがあるのか、ひとつずつ説明します。

 

その1.値段がリーズナブルで購入しやすい

中古マンション購入の最大のメリットとしていちばん大きくわかりやすいのは、新築と比べて比較的値段が控えめというところです。首都圏内に限ってしまえば、新築マンションと中古マンションの価格の差は2000万円以上になることも少なくありません。相当背伸びしなければ買えなさそうなマンションも、中古であれば現実的に購入を考えられる価格になっていることもあるでしょう。

建物は完成した時点が一番価格が高く、最初の住民が新築として購入した時点で価値は20%から25%ほど下がってしまうようです。その後年月が経過するごとに少しずつ価格を下げ、築20年で低下が止まりほぼ横ばい状態に移行していきます。つまり、中古で購入した時点で築年数的に資産価値が幾分か低下している状態ですので、もし売却する事になってしまっても価格下落幅が小さめに抑えられるということです。
さらに管理がきちんと行き届いているマンションだと、修繕積立金を利用して定期的に掃除・修繕などを行っているため、年数が経過したマンションでもさほど古さを感じることも少ないかもしれません。

人気のエリアなどは時間が経過してもさほど資産価値の値下がりは見られないため、価格も大幅に値下がりするなどといったことはありませんが、新築と比べると購入しやすい価格になっているのは間違いありません。手が届かなかった憧れのエリアも、中古マンションであれば住めるという可能性があるのです。



その2.住宅ローンの軽減

新築マンションより中古住宅のほうが価格が控えめですから、借り入れする住宅ローンの額自体を減らすことが可能です。ローンの額が減れば、ある程度余裕が出来て家具や家電などにこだわったりすることもできますし、子供の教育費や趣味などのために貯金したりと生活にゆとりが出来るでしょう。負担が軽くなれば、今後昇給がなかったりボーナスが減額されたり、転職して収入自体が減ったとしてもある程度安心できます。
また、40代を過ぎてマイホームを購入したとしても、負担が軽ければ定年するまでにゆとりともって返済する、なんていうこともできるかもしれません。

さらに、中古マンションでも住宅ローンを利用すれば“住宅ローン控除”及び“不動産取得税”の軽減措置を受けられます。新築の場合より中古の条件が追加されるため多少クリア基準は厳しくなるものの、こちらを利用しないという手はないでしょう。



その3.購入前に実物の確認ができる

新築マンションを購入する際、ほとんどの場合が購入予定マンションの近場に設置された“モデルルーム”を見て購入するかしないか決める、というパターンが多いです。実物を見たいと思っても、大抵はその時点では建物が完成していない状態なため、見学することが出来ないからです。
何も知らないと、「完成してから販売をすれば実際に見学できるしよいのでは?」と思いがちですが、売り手側の金銭的な負担、また完成してから販売をすると「売れ残り物件」というマイナスイメージが付きやすく、実際には難しいというのが現状。未完成の状態で販売を開始するしかないという事情があるためです。
ですので、新築マンション購入する場合には、実物を見ながら購入を決める、という事はほとんどといっていいほどないでしょう。

その点、中古マンションであれば実際に購入する部屋を自分の目で確認することができます。新築マンションのように「モデルルームと印象が違う…」という事もありません。日当たりの問題も確認が出来ますし、ベランダや窓からの眺望、近所の方も実際に住んでいますからその状況も知ることが可能です。

室内のチェックはもちろんですが、マンションの管理状態をしっかりと確認することができるというのは中古マンション購入ならでは。管理組合が正常に動いているかどうかは、この先のマンションの寿命を大きく左右する重要なポイントです。適切に活動していればマンションをより良い状態に維持管理してくれるため、長く住むことが出来ますし“資産価値”も下がりにくい傾向になります。
エントランスの清掃状況や、建物のひび割れ、劣化、汚れなどをチェックし、管理状態を確認できるのは中古マンション購入の大きなメリットなのです。


中古マンションのメリット・現物見学

 

 

その4.幅広い選択肢

出勤を楽にするため会社の近場に住みたい、希望の学校に子供を通わせたいから学区内で物件を探したい、実家の近くに引っ越したい、憧れの沿線に住みたい・・・などなど、希望のエリアは人それぞれでしょう。
ですがその希望の場所の人気があればあるほど、競争率が上がり購入可能な物件は減ってしまいます。特に新築マンションだけで探しているような場合だと、選べるマンションの数が限られるどころか、下手をすればほとんど見つからなくて泣く泣く別のエリアで探す、なんてこともあり得るかもしれません。

逆に中古マンションだと数が増えるため、希望のエリアでの選択肢の幅も一気に広がります。新築にこだわり過ぎるよりも、中古マンションも含めて探したほうが、価格、間取り、日当たりなど、同じエリア内でも自由度が上昇するのです。



その5.リフォームやリノベーションでカスタマイズ

中古マンション購入で価格が抑えられた分、自分好みにリフォームしたいと思う人は多いでしょう。古くなった部分を新築の状態に戻すようなことを“リフォーム”、間取りの変更や耐震補強、断熱工事など機能性を新築以上に向上させるような大掛かりな工事を“リノベーション”などと言ったりしますが、ブームもあってか現在はかなり数が増えているようです。
マンションによってはリフォームが出来ない場所も存在していたりするため、それぞれの確認が必要となるものの、新築にあるようなキッチンやトイレなど最新設備に変更したり、家族人数の増減などライフスタイルの変化に合わせてカスタマイズが出来るのはメリットのひとつでしょう。

新築マンションを購入するよりも、中古マンション購入+リノベーションのほうが安く済む場合が多く、さらにきれいな状態で住むことが出来ますから、無理に新築マンションに拘る必要はない、というわけです。

中古マンションのメリット・リフォーム

 


いかがでしたでしょうか?新築マンション限定で物件探しをしていた人も、中古マンションの良さを理解していただけたでしょうか。
ただ、中古マンションは新築のマンションと違い、いつどのタイミングで売りに出されるかを事前に知ることが出来ません。ですので、希望のエリアを決めたら、こまめにサイトなどをチェックをして物件の最新情報を逃さないようにしましょう。



中古マンションに関するお役立ち情報 関連記事一覧

コラムカテゴリー

住みたいエリアの仲介手数料無料物件を検索

エリア

物件種別

条件を選択

価格  ~ 
駅徒歩
間取り

個別のご相談

疑問、質問などありましたら、ぜひお問い合わせください。
お客様のご希望・ご要望にあわせて専任アドバイザーが個別に対応させて頂きます。

■お電話にてお問い合わせ

TEL:0120-995281 (10時~19時)

■メールにてお問い合わせ

お問い合わせページ よりお問い合わせ内容をお送りください。

物件OFFは仲介手数料が最大無料の
マンション、一戸建て、土地をご紹介する不動産情報サイトです

物件購入の際、諸経費の中でも高額ながら、仲介先会社によっては無料にすることも可能な仲介手数料。当サイトでは、そんな仲介手数料が無料となる物件を多数ご紹介。さらに専任のアドバイザーが物件探しからご契約までしっかりサポートさせて頂きます。仲介手数料無料の不動産物件をお探しの方は、ぜひ当社「物件OFF」までお問い合わせくださいませ。

他サイト物件も仲介手数料最大無料
物件OFFについて
物件OFF メンバーズサイト
仲介手数料無料のしくみ

コラムカテゴリー

9月度 ご成約一覧ご紹介

  • 目黒区|新築戸建|T様

  • 板橋区|中古戸建|H様

  • 墨田市|中古マンション|U様

  • 西東京市|中古マンション|E様

  • 横浜市緑区|新築戸建|S様

  • 川崎市宮前区|中古マンション|K様

6月度ご成約 全6件
ご成約ありがとうございました‼

気になる物件

登録された物件はありません。
最大50件まで気になる物件を登録できます。

最近見た物件

最近見た物件はありません。
最近見た物件が最大50件まで保存されます。

物件探しお役立ち情報

理想の住まいを探す『住活マニュアル』

自分にピッタリの物件を探すための「住活」についてわかりやすくご説明。物件OFFでは初めての住まい探しを全力で応援します!

購入前に知っておきたい『お金・制度』

住宅の購入には色々なお金や制度が関わってきます。いざという時に困らないよう、購入前にしっかりチェックしておきましょう。

お役立ち情報・コラム一覧

買い時の今だからこそ「購入」という選択